まんこが臭いならコチラの手段

まんこの臭い原因と対策についていろいろなことが言われていますが、
突き詰めていくといくつかの原因に分かれます。
そのひとつが雑菌で、雑菌が出す老廃物でまんこが臭うというものです。

 

まんこが臭うメカニズム

まんこが臭う原因のひとつが雑菌から出る老廃物で、
アポクリン汗腺から出る汗には皮脂やアンモニアなどの雑菌の栄養分が含まれていますが、
それを雑菌がエサにすることで老廃物が出て、嫌な臭いになります。
もちろんまんこが臭い原因はほかにもありますが、
一番疑わしいのは不潔による雑菌の繁殖だと思っても間違いはないでしょう。

 

まんこが臭わないようにするには清潔が第一

まんこは下着で密封され状態ですから、ちょっとした汗でも蒸れやすくなり、
この環境は雑菌にとっては居心地のよい場所になります。
雑菌がいなければ臭いのもともいないのですから、まずは雑菌がはびこらないように
下着は可能な限り通気性のよいものにしましょう。
入浴やシャワーの時には優しく正しくアソコを洗い、常に清潔に保つようにしましょう。

 

ナプキンには目に見えない汚れがつく

成人女性は誰でもおりものがありますし、生理中には当然のことですが、ナプキンを使うことが一般的です。
最近のナプキンは通気性のよいものがありますが、見た目で汚れていなくても
こまめに取り換えるようにして、常に清潔を第一にしましょう。

 

おりものの量が多い、色が気になる時は婦人科に相談

おりものは誰にでもありますが、自分のおりものには常に注意して、
いつもと違うと思った時にはまんこが臭う前に婦人科で相談しましょう。

 

ましてやまんこの臭いが強い時には婦人科に相談すべきで、
もしかするとカンジダ膣炎や淋病、細菌性膣炎やトリコモナス膣炎」の可能性があります。
特に身に覚えがある時にはこれらの原因は無視できません。

 

性病によるアソコの臭いは放置できない

女性でアソコの臭いが異様な場合の原因は、大きく分けると、
不潔で雑菌が入って炎症を起こしている、すそワキガである、
そして性病に罹っていることがあげられます。
このうちで、見過ごせないのが性病によるアソコの臭いであることは当然です。
ここで性病によるアソコの臭いについて考えましょう。

 

どのような性病の検査方法をするか

もちろん性病の疑いがある場合は、婦人科での診察を受けることが望ましいのですが、
なかには恥ずかしくて婦人科に行きづらいという人もいるでしょう。
その場合は郵送で自宅でできる性病検査方法があります。
なお、性病はいくつかありますが、最低限検査をした方が良いのは、淋病、クラジミア、
トリコモナス、カンジダです。

 

郵送での性病検査は簡単

郵送での性病検査には検査メーカーにその旨を連絡して、費用を支払いますが、
検査メーカーは3社ほどあり、費用はそれほど高額ではありません。
具体的には、まず検査メーカーから検査用の試験管が郵送されてきます。
綿棒などで膣内の分泌液をとって、その試験管に入れて送り返すだけです。
数日後には検査結果が郵送されてきますから、性病に罹っているかどうか、
罹っている場合はどのような性病かが判明します。

 

性病検査結果がクロと出たら徹底治療が不可欠

大切なのはその後で、もし性病に罹っているという結果がでたら、
絶対に婦人科で治療してもらわなければなりません。
性病はそのまま放置すると必ず悪化するだけです。
場合によってはとりかえしがつかない事態も想定できますから、徹底的に治療をしましょう。
治療をすれば必ず性病は治ります。まんこ 臭い